【ホームページは年中無休の営業ツール!】自社ホームページを持つ7つのメリットと3つのデメリット

もしかして、今あなたは自社ホームページの制作を躊躇(ちゅうちょ)しているのではないですか?

この記事は以下のような方に向けて執筆しておりますので、該当する方はお読みいただくことでホームページの必要性を理解していただけるのではないかと考えております。

・自社にとってホームページは本当に必要なのか?
・自社ホームページの制作することでの費用対効果を知りたい!
・ホームページを持つメリットを具体的に知りたい!
・メリットだけでなくホームページを持つデメリットを知っておきたい
・ホームページの維持費などコスト面を具体的な金額で知りたい!

ホームページはビジネスにおいて非常に重要なビジネスツールです。

ホームページは雨の日も風の日も嵐の日も、24時間365日、年中無休で自社のことを世界中に宣伝してくれる非常に優秀な営業ツールであるといえます。

自社ホームページを持たないという選択は、現代のネット社会において非常に多くの機会損失をしていると言っても過言ではないでしょう。

この記事では、ホームページを持つことで得られる7つのメリットと、持たないことのデメリット3つについて詳しく解説いたします。この記事を読むことでホームページを持つことの重要性を理解するとともに、あなたが自社ホームページを制作する後押しになると考えております。

ホームページを制作することで得られる7つのメリットについて

前途したとおり、ホームページはビジネスにおいて非常に重要な営業ツールです。うまく運営することによって自社にとってなくてはならない強力な販促・営業ツールとして売上向上に大きく貢献してくれるでしょう。

まず、ホームページを制作することで得られる以下の7つのメリットについて詳しくご説明していきます。

  1. インターネット上で露出度を高めホームページ経由で潜在顧客を増やし売上アップにつながる
  2. ホームページを持つことでインターネット上で自社の紹介ができ信頼向上につながる
  3. 最新の情報を高頻度で発信することで顧客に対し自社のアピールができる
  4. ホームページを使ってマーケティングすることで経費削減!
  5. ホームページ内に求人ページを作成することで人員募集もできる
  6. トップの想いや企業の達成すべき目標を社内で共有できる
  7. アクセス解析を導入することで自社の方向性を修正できる

01.インターネット上で露出度を高めホームページ経由で潜在顧客を増やし売上アップにつながる

売上アップの軌跡

この記事のタイトルにある通り、ホームページは自社にとって24時間365日、自社の宣伝をしてくれる優秀な営業ツールです。

自社のホームページを制作し、自社商品・サービスの案内をホームページ内に掲載することで、インターネット上での露出度が高まりこれまでの既存顧客だけでなく潜在顧客にリーチすることができます。

もちろん、SEO対策を施し、狙ったキーワードで検索上位表示することが前提となりますが、上位表示することができたなら、自社ホームページは強力な営業ツールとして24時間・365日、ひたすら新規顧客獲得のために働き続けてくれます。

これは、まぎれもなく自社にとってホームページを制作することで得られる最大のメリットです。

逆に言えば、自社ホームページを制作しないということは、多くの機会損失をしてしまう可能性が高く、自社ホームページを制作しインターネット上で集客を開始している同業他社と比べて、自社がターゲットとする市場において不利な状況での戦いが強いられるといっても過言ではないでしょう。

自社ホームページとSNSを連携することでシナジー効果を生む

SNSを楽しむ女性

インターネット上で情報発信をするという意味では、TwitterやInstagramも大きな力を発揮します。

最近では、検索エンジンではなくSNSを利用して検索という行動をとる人が増えています。

SNSをホームページと連携し、SNS上で自社の情報を発信することで自社のことを全く知らない潜在顧客がSNS経由で自社ホームページに訪れ、売上に繋がるケースも多くみられます。

02.ホームページを持つことでインターネット上で自社の紹介ができ信頼向上につながる

ホームページで信頼関係を築く

ホームページの有無は自社の信頼に関わってきますので、そういった観点から見てもホームページの存在は自社にとって重要であるといえるでしょう。

ユーザーにとって名前も知らない企業のことを信用することはまず無いといっても過言ではありません。

特に開業して間もない企業やお店にとって信用はゼロに近い状態でのスタートになりますのでホームページを開設し、自社の経営理念・所在地・連絡先・取扱商品など自社に関する情報や新商品のお知らせなどを定期的に行うことで自社の信頼向上につながるのです。

あなたが、気になる商品を見つけ、その会社のホームページを探してみたとき、ホームページがなかったり、ホームページがあったとしても会社の所在地・連絡先が記載されてないような会社を信用できるでしょうか?おそらく不審に思いその商品の購入を躊躇するのではないでしょうか?

このように、自社の商品やサービスに興味を持ってくれた方に対し、ホームページに自社の情報をしっかりと記載して、さらに情報を発信することはユーザーに大きな安心感を与えます。

そういった意味でも、自社ホームページを持ち、自社の情報を定期的に発信することは自社の信頼につながりますので、ホームページを持つことはメリットが大きいのです。

03.最新の情報を高頻度で発信することで顧客に対し自社のアピールができる

プロモーション活動をするビジネスマン

紙媒体のパンフレットなどの場合、一度作成すると内容の更新は時間も手間も費用も掛かります。それに対してホームページの場合、自社の最新の商品情報などを常に更新し発信することが可能です。

検索ユーザーは常にインターネット上で情報を求めています。紙媒体のパンフレットなどの場合、数年もたつと内容が古くなってしまいますがホームページの場合は常に最新の情報を掲載することが可能です。

機会損失をしないためにも、検索ユーザーに対して最新の情報を提供できることはホームページを持つことで得られる大きなメリットだと言えるでしょう。

04.ホームページを使ってマーケティングすることで経費削減!

経費削減を訴える経営者

ビジネスにおいてユーザーに選ばれるためには、ユーザーが持つ悩みを自社商品・サービスで解決する必要があります。

そのために企業は、自社の商品・サービスの認知率を高め、実際に利用してもらい、さらにはリピート利用してもらうことで大きな利益をえることができるのです。

しかし起業において、自社商品・サービスの認知率を向上させるための広告費は比較的大きなコストとなり企業の経営を圧迫することも多々あります。

そこでおすすめなのが自社ホームページを有効活用してインターネット上で自社の商品・サービスを紹介することです。

自社ホームページやSNSを有効活用することで広告費を抑え経費を大幅に削減することができます。

SEOに強いホームページ制作会社に依頼して、自社の商品・サービスの紹介ページを作成してもらってもいいですし、SEOの学習をして自社でページを作成してもいいでしょう。

どちらにせよ、ホームページは自社の営業マンに代わりに24時間365日、休まず自社の商品・サービスをインターネット上で紹介し続けてくれます。

よくある質問ページを充実させることで電話対応を減らしコストカット!

自社にお問い合わせがくるたびに、事務員が電話で対応するのは効率が悪く時間を無駄に使っているケースもあります。

もちろん、真摯に対応しなければならない問い合わせもありますが、自社のホームページ内に「よくある質問に対する回答」のページを作成しておくとお問い合わせ電話の回数を減らすことができます。

問い合わせをしてくる、ユーザーも「本当は電話で問い合わせをするのは面倒だ!」感じていることも多く、ホームページ内に自分の質問に対する答えがあるなら、それを見て解決する方が楽なはずです。

自社のホームページ内に「よくある質問に対する回答」のページ 作成しておくことで、ユーザーにも喜ばれ、また自社の電話対応の回数も減らすことができるので、長期的に見て人件費を削減することができます。

05.ホームページ内に求人ページを作成することで人員募集もできる

求人・人材募集

ホームページは必要なページを追加作成することで様々な機能を持たせることができます。

例えば、新規採用のページを作成することで自社ホームページを通じて人材を確保することも可能です。

外部の求人サイトや求人雑誌に求人を掲載してもらう場合、一定のコストがかかることがほとんどですが、自社ホームページ内に人材の募集ページを作成することで外部の求人サイトや求人雑誌にコストを投下することなく求人が行え、さらにコスト削減にもつながります。

06.トップの想いや企業の達成すべき目標を社内で共有できる

従業員数の多い企業などの場合、トップの想いや企業の目標などを従業員が理解できていないことも多々あります。

自社の達成すべき目標を理解しないまま、日々、従業員が現場で作業を行うことはモチベーションの低下に繋がることもあります。

ホームページにトップの想いや企業の達成すべき目標を記載し、末端の従業員にまでトップの想いや企業の達成すべき目標を理解してもらうことで目標意識を社内で共有しモチベーションを向上させることができるのも、ホームページを持つメリットであるといえるでしょう。

07.アクセス解析を導入することで自社の方向性を修正できる

ホームページ運営においてアクセス解析は非常に重要です。

Googleが提供しているアクセス解析ツールGoogleアナリティクスを導入することで以下のようなことを知ることができ、それらのデータを利用してホームページの改善やリアル店舗の商品やサービスを改善することができます。

Googleアナリティクスを導入することで以下のようなことを知ることができます。

 
 ①検索キーワード(ユーザーが自社サイトに訪れた際に実際に検索したキーワード)
 ②サイト訪問者が検索した地域(どの地域の人が自サイトにどのくらい訪れているのか?)
 ③リアルタイムレポート(今この瞬間でのサイト訪問者数)
 ④ページビュー数(ユーザーが閲覧したページ数)
 ⑤ユニークユーザー数(サイトを訪れた人数)
 ⑥直帰率(ユーザーが1ページだけ見て離脱した割合)
 ⑦ページ滞在時間(ユーザーがページに滞在(閲覧)した時間)
 ⑧ユーザーフロー(自サイト内でのユーザーの動き)
 ⑨ユーザー属性(サイト訪問者の年齢や性別)
 ⑩デバイス別セッション数(PC・タブレット・スマホ別のアクセス数)

スマホでスクロールします

これらは、Googleアナリティクスの機能のほんの一部ですが、これらのデータをみて、自社ホームページ内の改善をすることができますし、自社ホームページを改善することで自社の売上アップや新規顧客の獲得に繋げることができます。

ホームページを持つ3つのデメリット

ホームページは自社にとって多くのメリットをもたらしてくれますが、デメリットもあります。

次項からは、ホームページを開設する3つのデメリットを解説していきます。

自社にとってホームページを開設するメリットとデメリットをよく理解したうえで自社ホームページの制作を検討するといいでしょう。

01.定期的な更新が必要

ホームページの更新

自社ホームページは、定期的に更新が必要ですが、これはデメリットと考える方もいらっしゃるでしょう。

自社に関する情報(所在地・営業時間・定休日)に変更があった場合、出来るだけ早く情報を更新しなければなりません。

検索ユーザーは、ホームページに掲載されている情報をもとに行動するので、ホームページ内の情報に誤りがあった場合、信頼を失ってしまうので注意が必要です。

出来れば、自社の従業員の中から、ホームページの担当者を決め、必要な場合はホームページ内の情報を更新するようにしましょう。

02.ホームページの維持費がかかる

ホームページには当然のことですが維持費が掛かります。

ドメイン所得費用・更新料やサーバー代など、毎月継続して維持費がかかることはホームページを持つことでのデメリットであるといえるでしょう。

もし、ホームページを維持していくことに費用対効果を感じられないようでしたら、WEBマーケティングに強いホームページ制作会社に運営を依頼するか、最悪、ホームページを閉鎖することも検討してみましょう。

具体的なホームページの維持費

ホームページの維持費は具体的に以下のようなモノがあります。

科目金額
ドメイン所得費用(登録料)1,000円~5,000円/ドメイン1個 ※所得時の一回のみ
ドメイン更新料1,300円~/年
サーバー代6,000円~/年
スマホでスクロールします

上記の表にはホームページの更新などを担当する人の人件費は含まれておりませんが、実際は担当者の人件費も維持費と考えるべきでしょう。

03.結果を出すためには、ホームページの運営ノウハウが必要

ホームページは制作して終わりではありません。

ホームページで新規顧客を獲得したり売上アップするためには、一定のノウハウが必要になります。

新規顧客獲得・売上アップのためには、狙ったキーワードで検索上位に表示させるためのSEO対策が必要です。(SEO対策とは狙ったキーワード(例えば「ホームページ制作 尾道」)で検索した時に上位に表示させるために検索エンジンに対して最適化する施策のこと)

ホームページ運営で結果を出すためノウハウを持っている人材が自社内にいない場合は、ホームページ制作会社に依頼して運営委託することになり、その結果、ホームページの維持費が高額になってしまいます。

そのため、自社ホームページを制作する場合は、SEO対策なども含め相談にのってくれるホームページ制作会社を選ぶ事をおすすめします。

まとめ

ホームページを持つメリットとデメリットについて詳しく解説させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

少なからずデメリットはありますが、そのデメリットを含めてもホームページを持つことは非常にメリットが多く、企業やお店にとって、ホームページを開設して運営していくことは事業拡大に大きく貢献してくれる可能性が高いです。

ホームページを制作する場合、記事中でも触れましたが制作・運営も含めてアドバイスしてくれるホームページ制作会社に制作を依頼する事が重要です。

自社の成長のたまに、ホームページを開設してみてはいかがでしょうか?

格安な料金でホームページを制作 運営もサポートする尾道WEBサービス

私たち尾道WEBサービスでは、格安の料金でホームページを制作させていただいております。

尾道WEBサービス ご希望に合わせて選べるホームページ制作3つのプラン

また、尾道WEBサービスはホームページの制作費用が安いだけでなく、継続してホームページの運営をサポートさせていただきます。

ホームページ制作でお困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい