テキストを一括して置き換えできるワードプレスプラグインBetter Search Replaceの使い方を解説

ワードプレスを使ってホームページを管理していると、「あるテキスト(文字列)を一括して置き換えしたい!」という場面がよくあります。

そんな時、ページ数の少ないサイトの場合は、1ページずつ置き換えていってもそれほど時間は掛かりませんが、数十ページ、数百ページもあるサイトの場合は膨大な時間が必要になるので1ページずつ置き換えるのは大変です。

そんな時、「Better Search Replace」というプラグインを使うと驚くほど簡単に、短時間でテキストを別のテキストに置き換えることが出来ます。

このページでご紹介するワードプレスのプラグイン「Better Search Replace」は以下のような方におすすめです。

  • サイトの内のあるテキストを別のテキストに一括して置き換えたい
  • URLを一括して置き換え(書き換え)したい
  • テキストやURLを置き換えるなるべく簡単な方法を探している

このページではテキストやURLを驚くほど簡単に置き換えることが出来る「Better Search Replace」というプラグインの導入方法と使い方を実際の管理画面の画像を使って分かりやすく解説いたします。

Better Search Replaceでできること

この記事でご紹介する「Better Search Replace」ですが、ワードプレス内のデータベースの情報を検索して、指定した情報(文字列)に書き換えることが出来ます。

もっと分かりやすく言うと具体的に以下のようなことが出来ます。

  • 投稿・固定・カテゴリーページ内にある特定のテキストを検索して、指定したテキストに置き換えする
  • URLを一括して書き換えることができる(例:http⇒https)

※置き換えを実行するデータベースのテーブルは選択可能です。また置き換え実行前に指定したテキストが何カ所あるかも教えてくれる機能がありますので、それを確認後に置き換え実行することが出来ます。

Better Search Replaceの導入方法

それでは、「Better Search Replace」の導入から使い方を解説していきます。

Better Search Replaceの検索

まずは、プラグイン⇒新規追加で「Better Search Replace」と入力してください。

Better-Search-replaceを管理画面で検索

Better Search Replaceのインストール

Better Search Replaceが表示されましたら、「今すぐインストール」をクリックしましょう。

Better-Search-replaceを管理画面でインストール

Better Search Replaceの有効化

インストールが完了しましたら「有効化」をクリックしましょう。

Better Search Replaceを管理画面で有効化

これで準備は完了です。次項より使い方を解説していきます。

Better Search Replaceの使い方

インストール、有効化が完了しましたので早速、Better Search Replaceを使っていきましょう。

なお、今回は弊社サイト内の記事、「【ビジネス集客はコレ!】Googleマイビジネスを活用してお店をアピール!登録する9つのメリットを詳しく解説」の中の、マイビジネスというテキストをビジネスプロフィールに置きかえしていきます。

当サイト内にあるマイビジネスというテキストをビジネスプロフィールに置換していきます。

Better Search Replaceはツール内に格納されている

まず、Better Search Replaceは管理画面のツールの中に格納されていることを知っておきましょう。

Better-Search-replaceの格納場所はツール

Better Search Replace 管理画面の各項目を入力・チェックしていく

Better Search Replaceの管理画面に入ると以下のような画面になる。

入力に関しては画像を見ていただくとお分かりいただけるようにしていますが、ひとつひとつ解説していきます。

Better-Search-replace管理画面の入力方法

手順① 検索

「検索」という欄には、置換の対象となる(置換前)のテキスト(文字列)を入力してください。

今回の場合は、マイビジネスをビジネスプロフィールに置き換えしていくのでマイビジネスと入力しています。

手順② 次と置換

「次と置換」の欄には、置き換えを希望する置き換え後のテキスト(文字列)を入力しましょう。

今回は、ビジネスプロフィールと入力しています。

手順③ 大文字小文字を区別しない ?

「大文字小文字を区別しない ?」デフォルトのままでいいでしょう。

手順④ GUID を置き換えますか?

「GUID を置き換えますか?」もデフォルト(チェックなし)でいいでしょう。

手順⑤ dry run(リハーサル)を実行しますか?

「dry run(リハーサル)を実行しますか?」は、チェックを入れておいてください。

ココにチェックを入れておくと、「検索/置換の実行」をクリックしても実際にテキストの置換は実行されず以下のような表示がでます。

DRY RUN: 46 tables were searched, 129 cells were found that need to be updated, and 0 changes were made.

Click here for more details, or use the form below to run the search/replace.

直訳すると以下のような意味です。

ドライラン:46個のテーブルが検索され、更新が必要な129個のセルが見つかり、0個の変更が行われました。

詳細については、ここをクリックするか、以下のフォームを使用して検索/置換を実行してください。

つまり、46個のテーブルの中で、検索対象(今回はマイビジネス)のテキストが129個見つかったが、リハーサルのため変更は行われていないということです。

ちなみに、先程のdry runのリハーサル結果の「Click here」というところをクリックすると以下のような表示がでます。

Better Search Replaceのリハーサル結果

これは、「どのテーブルに置換指定したテキストがいくつあるか?」という検索結果です。

念のため確認しておきましょう。

「dry run」のチェックを外して置換を実行する

dry runによる事前確認で問題なければ、今度はdry runのチェックを外して置換を実行しましょう。

ちなみに以下の画像はBetter Search Replaceでテキストを置き換えする前の「【ビジネス集客はコレ!】Googleマイビジネスを活用してお店をアピール!登録する9つのメリットを詳しく解説」の記事の一文です。

「マイビジネス」という単語が3ヶ所にあるのがお分かりいただけると思います。

さあ、それではdry runのチェックを外して「検索/置換の実行」をクリックします。

「検索/置換の実行」をした後の、先程の記事は以下のようになっています。

Better Search Replaceによるテキスト置換後の画像

どうですか?

テキスト置換前の画像のマイビジネスという単語が、すべてビジネスプロフィールに置き換わっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

サイト内の指定したテキスト(文字列)を一括して希望するテキストにBetter Search Replaceが本当に便利なプラグインであるということをお分かりいただけたのではないでしょうか?

尾道WEBサービスでは、今後もワードプレスやワードプレスで使える便利なプラグインの情報をサイト内でご紹介していきますので、ご興味のある方はご覧になってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。